Water front robot:2

Rapもポカポカ陽気に誘われて散歩に出かけました。

今日は、ウォーターフロントにしよう!!

そう思いながら土手に到着したところ・・・
そこには、ひとりぼっちでロボットが
座っていました。

ちょっと、ションボリしている様にも見えますね。

どうしたの?
Rapも心配そうにのぞき込んでいます。

なんか、失敗しちゃったんですって。

みんな、いろいろなことがあります。
生きてるんですもの。

こういう時は、「頑張って」って励ますのもいいんですが、
ただ、そっとそばに居て
見守るってことも大切です。

大丈夫だよ・・・。

Rapはそう考えたようです。

そのうち、
ロボットが、ぼそっとつぶやきました。
「ありがとう」

この後、友情がうまれたのは言うまでもありません。

Character
Rap
Art
Short story
Project
Water front robot