100型105号:乗客6

次に降りてきたのは・・・
なんとCavemanさんです。

キョロキョロしていますが・・・
いつになく鋭い目つきですね。

何かを探しているようです。

向こうの方に行ったと思ったら・・・
こっちに来ました。

と思ったら、反対側のホームの向こうの方に・・・
そしてまた戻って来ました。

何かつぶやいていますね。
ああ、座り込んでしまいました。

Cavemanさん
どうしたんですか?

えっ!?
マンモスを見なかったかですって!?

マンモスなら・・・
いや、体が大きいのですぐ分かると思いますが・・・
今日はまだ見ていませんよ・・・

あっ!?
あ~~~~~っ!!

壁が・・・くずれて・・・・

そして~~~~!!

居ました!居ました!!

ああ・・・
Cavemanさんが走って行きました。
どことなく嬉しそうにも見えますね。

え~~~~!!

ヤリでつついています。
マンモスが逃げて行きます!!

その後をおって・・・
地下鉄のトンネルの中に消えていきました~~~~!!
どうなっちゃうのでしょうか~~~~!!

それにしても・・・
壁が崩れて大きな穴があいてしまいました・・・

そして・・・
来ました!来ました!
保全の方々が集まって来ましたよ!

復旧工事が始まりました。
私、この工事が好きなんです!!

手際がいいですね~~~。
カッコいい!!

ま~慣れていますからね。
ほら、あちらのホームの・・・

あそこの壁とか・・・
そうそう、
そこもそうですね。

今日は、105号の発車が遅れそうです。
しばらく復旧工事を見ていましょうか!?

それではまた!!

Character
Others
Art
Short story
Project
100 Type 105

友だち追加

Translate »